SEARCH

「人生」の検索結果236件

  • 01/08/2021

歩くことの大切さ

子どもが最初に立ち上がって歩き出す風景を感動しない親は、いない 人にとって歩くということはそれほどまでに意味深い行為である しかし歩くことが当たり前になるとその一歩の重みを忘れてしまいがちになる 登山やトレッキングの長い長い道ですら一歩一歩の積み重ねでしか、ない 人は歩くということを通じて自分の人生 […]

  • 01/07/2021

新しいステージへ

新年に入り私自身も新しいトライをする時期を迎えた 言霊というのが昔から日本にはあるという言葉に魂が宿るということであるがその力を実感した 今は自分の身体に集中すると決めて年末年始の多すぎる誘惑にも可能な限り耐えて今の私がいる 新しいステージへ メキシコを出て日本へ帰ると決めてから実際は本当にいろんな […]

  • 01/06/2021

何を最優先にするか

働きながら高度生殖医療を受けることの難しさを時折、痛感している 自分で言うのも何だが私は仕事が好きであるだからどうしても仕事のスケジュールを優先したくなる しかしどうしても日本語で言う不妊治療だけは自分の都合で予定を決められない 二日後にまた来てくださいとドクターからさらりと言われいざ二日後の予約を […]

  • 12/27/2020

眠りに投資をする

養生が大事とドクターに口うるさく言われてから私は睡眠時間を十分にとれるように毎日の生活を変え始めた 眠り それは本当に未知の世界であるといつも、思う 自分であるのに自分でない時間意識があるのに記憶もしくは無意識に近い不思議な時間でもある 最近寝具を変えた どちらかというと眠るためのベッドではなくて着 […]

  • 12/25/2020

オペラとの再会

人生でオペラを初めて見たのがウィーンの国立劇場である、と 中学、高校時代と音楽活動をやっていたことから合唱部の活動に参加していたその時に一部の歌劇を歌ったくらいで いやもしかしたら 高校時代に本物のオペラを学校の芸術イベントで見たような気もするが 記憶にある限りウィーンのオペラ座が私の初オペラだと言 […]

  • 12/13/2020

テレビのない我が家

そういう家も増えていると聞くのだが実は我が家にはテレビが、ない テレビがなかったのはここ数年の話ではなく フランスとオーストリアに住んだあと帰ってきたときからテレビがないのだ 昔から日本のテレビがつまらないといつも思っていた 飲食の番組にしても旅行の番組にしても芸能人と呼ばれる私から見ると赤の他人の […]

  • 12/12/2020

ルブタンの力

仕事上の会食があり会員制のレストランに足を運ぶ機会があった 名店と言われるレストランは分かりにくい入口から入りひっそりとした佇まいをしているが 中に入るとそれはそれは賑やかで店内は満員であった 席を立つ機会がありルブタンで細い店内を歩くと 後方の別の客から素敵な靴ですねと声を掛けられた ありがとうご […]

  • 12/11/2020

面白くてユニークな人

これまで関わったことがない領域でも少し仕事が増えてきた そういう場所で初めて出会う人たちにいつも決まって言われることがある それはMarikoさんは本当に面白くて、ユニークな人ということである 当の本人はいたって真面目にいかに今の仕事のダメなところを変えていくか仕事を楽しくするかなんてことを言ってい […]

  • 12/08/2020

フランスに住みたかった理由

社会科の先生になろうとしたきっかけはフランスとの出会いであったと言っても過言ではない 中学校三年生の時高校受験がないということで半年かけて人権を獲得してきた歴史を学ぶ授業があった いわゆる公民科と言われる授業である その授業で学んだ数々の歴史の出来事 そして人権のうち自由権というものを得たことについ […]

  • 12/06/2020

新しい生活スタイル

現在私は夫と二人暮らしをしているが 仕事の時間の違いや趣味が読書や勉強であることもあり私と夫はそれぞれ自分の勉強机と部屋をもち日中は作業をしたりそれぞれの時間を過ごしている 少し第三者的な目から見るとシェアハウスをしているようだとも言えるのかもしれない けれど互いの時間を尊重しながら日々の生活の行動 […]