CATEGORY

キャリア / 人生

  • 07/02/2020

不思議な夢

ある日私の右腕でもあるスタッフから夕飯に行こうと誘われた いいよ、ともちろん返事をしたのだがどうして?と聞くと 夢を見たからだというのである ちょっと面白いなと思いつつ聞いてみると同じ列車に乗っているのだけれどお別れしないといけなくなるのだという そしてそれがあまりにも悲しすぎて悲しくて悲しくて目が […]

  • 06/30/2020

母の愛

ガラケーを愛用している母は当時としては高齢出産で私を38歳で産んでいる 来年の春には母は80歳となる 母の姿を見てこの人のようなお母さんになりたいなるべきだと思ってきたのも事実である 最初にそのことに気が付いたのは高校生の頃であった 人生において親になることができるのは本当に幸せで幸運なことなのだと […]

  • 06/29/2020

人生を豊かにするために、働くこと

働くことについて学生の頃はネガティブなイメージを持つ人が多いのではと思う このまま大学を出て企業で働く人生で本当に良いのだろうか自由のない人生は嫌だ などと思いながら社会人になっていくものである 私も同じようにまずは社会を知ろうと決めて企業に就職した 起業するほどのアイデアも勇気もなく大学院へ行く前 […]

  • 06/27/2020

世界が終わるまでは

企業のリーダーになる人に必要な要素というものがある それはVISIONを語り人にその想いや気持ちを伝えて共感を得ていく能力である この能力があるかないかで部下やスタッフたちのやる気が、変わる 世界が終わるまでにやり切りたいと思うことが私には、ある それは壮大すぎる野望かもしれないがそういうVISIO […]

  • 06/25/2020

女性らしさを大事にしたい

今更ながら私は自分の女性らしさを大切にしたいと思うようになった 長年私はボーイッシュであることが自分のキャラクターであると思っていた そして事実それは十分にあるのだがそんな中でも女性らしさを忘れないで生きなければと なぜかそう、強く思ったのだ 私も奇跡を起こしたい それは自分が母になるという夢自分の […]

  • 06/23/2020

いつも人に、恵まれる

二週間に一度の割合で鍼に通っているメキシコでは鍼治療は合法化されていないため私が通っているドクターは手と耳に鍼を打ってくれる ドクターは韓国人で韓国鍼をメキシコで広めるためにこちらの医学部に招へいされたことがきっかけでメキシコに移住して開業鍼院を始めた人である 韓国訛りのスペイン語だがとても人気があ […]

  • 06/22/2020

離れた場所と、つながること

先日オアハカ地方の取引先でzoomを使って一般顧客を対象にしたイベントを開くという連絡がきた そしてその場に是非参加をお願いしたいという依頼があった zoomで各参加者を繋ぎさらには中継場所からテレビの生放送のようなカタチでイベントを盛り上げる工夫もされていた 初めての試みであったが参加者からは喜び […]

  • 06/20/2020

オフィス出勤初日をイメージする

日本に帰ると今と環境が大きく、変わる 今度私が働く職場は昔は禁止されていたがなんとオフィスフロアでハイヒールを履いても良くなったらしい ただしもちろんハイヒールでは進入禁止エリアがあるのは今までと変わらないのだが 少なくとも私のデスク周りはハイヒールで過ごすことが可能になったということである なんと […]

  • 06/19/2020

二人で住むことに、向かう

仕事の都合で別々の国に住み続ける私と夫であるが 今回、高度生殖医療を受けることを理由に日本に帰ると決めたことをきっかけに夫婦の形を一度は見直そうと考え始めた 確かに一度は一緒に住みたい 学生時代のように一緒にいたいから同棲するのではない 大人になってから共に暮らすのだからそれはそれは小さないざこざが […]

  • 06/16/2020

秘書は、役員の右腕でもある

秘書という仕事に憧れを持っている後輩女性がいた 当時彼女は正式な秘書ではなく該当の役員が彼女のいる建物に出張してきた際に受け入れる担当窓口を担っていた 役員報告のためにどうしても30分の時間が必要だったので彼女に相談に行くと当然ながら何のための報告ですかと聞かれるものである その際は新商品の開発の報 […]