CATEGORY

キャリア / 人生

  • 05/25/2019

日本人の素晴らしいところ

フランスに勤めていた頃同僚と話していた時に言われたことがある 私は日本人と働くことができて幸せだあなた方の働き方は本当に素晴らしいと思うと 彼女の解説によると 一般的なフランスの会社では上司の指示は絶対である そして他の部署が原因で自分の仕事が進まなかったとしたらそれは、自責ではなく他の部署の責任と […]

  • 05/22/2019

選べない人間関係から学ぶこと

仕事をされている方にとって同僚や上司、部下は選ぶことができない運命共同体でもある 以前全ての人が働いているという事実にも書いたが仕事とは、有償の仕事のことだけではない PTAやボランティア家族ぐるみのお付き合いなどで発生するであろう数々のタスク、いわば果たすべき作業全てを含んでいる 極論ではあるが友 […]

  • 05/20/2019

理論で考えることの大切さ

美しさについて考えるときどうしても直感や感性で語るものについて考えてしまう しかし実際は理論で語るものの方が大切であったりもする たとえば有名なスイス、フランスの建築家Le Corbusier(ル・コルビュジエ)は人体の寸法と黄金比から独自の建造物の基準寸法の数列Modulor(モデュロール)を作り […]

  • 05/19/2019

本当の活字離れ

活字離れというけれど 一般的に本を読まなくなったという話を聞く 数々の雑誌の発行数は減り廃刊や休刊になるものも多々ある 確かに学生時代と比べると読んでいる本の数は減っている 特に趣味だった文芸ものの雑誌や児童文学など触れる機会がずいぶん減ってしまったのも事実である 読んでいる本の大半はマーケティング […]

  • 05/17/2019

気持ちの切り替えに、ハイヒールを

身体が弱っている時仕事もどうしても貯まりがちである 普段どれだけ全力投球してきたのかを痛感させられる時でもある 本調子でない時にこそ 人に仕事を任せたり少しでも自分が楽になるよう調整すればよいのだが 管理職としての仕事はそうもいかない どうしても外せない仕事で出張せざるを得ない時ハイヒールを選ぶ 身 […]

  • 05/16/2019

Skype(TV電話)の恩恵

ハイヒールレッスンをSkypeで受けていることについて疑問を持たれている方も多いのではないだろうか そもそも画面越しに何が分かるのかという疑問である その疑問はある意味正しい 多国籍企業ではテレビ会議が頻繁に行われるが事実テレビ越しで受ける印象と直接会った際の印象が違うことも多々ある さらに会議など […]

  • 05/13/2019

器の大きさ

人の器をはかるのはそう簡単なことではない そもそも器の大きい人とはどのような人のことを言うのだろうか 頼りがいのある人あらゆることに寛容で心に余裕があり人からのアドバイスや苦言でさえも受け止められる度量がある 人によってイメージする姿は違うが基本的に器は人物の力量や才能を表し大きさは、どれだけ他人を […]

  • 05/11/2019

二人が決めたこと

恋人に裏切られた友人がいる 第三者の視線から彼女を裏切ったはずの彼をまた信じようとする彼女を馬鹿だと言う人の方が多いかもしれない 浮気ではなく金銭が絡んだトラブルであった 彼女は彼のことを心から愛していたし彼も彼女のことを心から愛していたのではと思う 色々あったが二人はまた出直すことを決めたという […]

  • 05/10/2019

多様性の素地を作り出す

互いの仕事を尊重し共に暮らせない家族がある 私自身も家族と共に暮らせていない かわいそうだとか共に嘆き同情してくれることがほとんどである もちろん家族は共に住んだ方がよい 夫婦の仲を深めるためにもそばにいるに越したことはない 一方で海外転勤や国内の異動など仕事や様々な事情で共に住めない家族がいるのも […]

  • 05/08/2019

ワインの力を借りる時

誰かと仕事をするということは予想外の出来事に出会うということでもある 嬉しいトラブルもあればどうもしがたい難しい問題に直面する日もある 昨晩は後者のトラブルにまみれた一日になった トラブルはチャンスであると昔から聞くが確かに一理ある 一方で、当事者としては起きた問題の解決をしなければチャンスどころか […]