CATEGORY

ハイヒール

  • 05/26/2020

新しい自分の軸を持つこと

私が帰任するこということは後任が来ることになる こういう時人は意外と無神経である それは当たり前のことでもあるが 私が苦渋の決断をして帰国しようとしていることなど露知らずである 帰国の知らせにびっくりする人もいるそして何かあったの?などと詮索してくる人もいる 正直、面倒くさい放って置いて欲しい それ […]

  • 05/25/2020

踵から着地をする理由がどこにある?

今から9年前にパリで出会ったASAMIさんだが出会う前からやはりそうかと思っていたことがある それはハイヒールで歩く際につま先から着地をすると言うことである ルブタンのお店で買った35ミリのハイヒールすらどうやって歩いていいのか分からなかった 買った靴は半年くらい私の家の置物となって自宅の玄関を美し […]

  • 05/21/2020

粋な美しさ

学生時代私は旅行に明け暮れた それは自分が住んでいる世界見ている世界がもっと広がるのではないかと思ったことがきっかけである 私は今も趣味でバイクに乗っているが自転車ではなくいわゆる大型二輪自動車のことである これは学生時代の思い付きから今に至っている趣味でもある 体力が人よりあるわけではない私が自転 […]

  • 05/20/2020

手荷物にはハイヒールが何足入るか

いざ転勤が決まった時 最大の仕事は引っ越しである 海外引越の場合荷物の制限もあるそのため何を日本に持って帰るのか吟味しなくてはならなくなる 最初に決めるのは飛行機で持ち帰る荷物そして航空便で送る引っ越し荷物残りは船便で何か月もかけて手元に帰ることになる 人生で何度引っ越しをしたのか数えてみた なんと […]

  • 05/17/2020

前髪を下ろすか、下ろさないか

くだらないようでくだらなくない 女性にとっては重要な問題である それは前髪を下ろすか下ろさないかという二択問題である 思い返すと中学生の頃の私は前髪がなかった厳密にいうと前髪を巻いて上げていた その頃はニキビだとか若者ならではの悩みがありおでこを隠すと髪の毛の刺激でニキビがひどくなるからという理由だ […]

  • 05/14/2020

私の中の女性と、私との距離

ハイヒールとワンピースの私を見てやっと自分が誰なのかどういう人なのかを理解したのねと私に言葉をかけてくれるのではないかと思う人がいる それは私が師事していたボイストレーナーの女性である 音楽とキャリアの記事で少し触れたが 彼女は私が音楽活動をしている時に歌う時は“女性シンガー”であるべきだと私に無理 […]

  • 05/10/2020

苦しみのアウトプット

ハイヒールコーチとなるためのコンサルティングも後半戦に入り覚えること実践して身体で再現することが多くなってきた 在宅勤務が始まったおかげで正直、助かったと思っている私がいる 今は毎週毎週ハイヒールで歩く際に必要な筋肉を鍛えるために身体のパーツごとにそのエクササイズを学びそれを実践するということを行っ […]

  • 05/09/2020

続、告白

最初に訪れた病院で当時、40歳の私は体外受精一択であると医者から言われた時 本当に私はこの治療に耐えられるのだろうか、と不安の塊であった さらに会社の人に不妊治療をすると堂々と言うのは気が引けた 女性、男性共に不妊治療を受けていることを会社に言わない方が良いという考え方に賛成する人の方が多いのではな […]

  • 05/08/2020

告白

私にはここに書くべきか、書かないでおくべきかずっと悩んでいたことがある でもようやく、心の準備ができた それは私の不妊治療のことである 何度かホルモンのバランスが崩れていることについて書く機会はあったが 本当のことを申し上げると私はこの1年あまり不妊治療と向き合っている 結婚したのも遅く年齢的に自然 […]

  • 05/07/2020

Skype,Zoom,Face time, etc. etc.

COVIDの影響でZoom飲み会が流行っているらしい 私も日本にいる友人とZoomで同じ食事時間を過ごすということをやってみる事になった メキシコの場合日本が朝でこちらが夜かもしくはこちらの朝に日本が夜遅くを迎えるか そのタイミングしか時間が合わない 欧州の友人とは比較的時間が合わせやすく彼らの遅め […]