CATEGORY

異文化理解

  • 04/01/2022

Sakuraの季節

Sakuraの季節 正確には桜の花が満開を迎える季節 日本人は本当に桜の花が好きである 先日何も考えずに桜の名所である駅に用事があって降り立ったのだが すでに人でごった返しており 改札を出るのを尻込みしたほどであった 人混みの中を歩き用事があった場所へ歩いて行ったのだが 桜の花の見事な咲きっぷりに確 […]

  • 03/23/2022

祈りのチカラ

本当に叶えたいと思う願いごとがある時 人は 祈る そしてその祈りが持つチカラは時として 何かを運んでくると私は思う 基本的に私自身無宗教である だから祈る時は誰に対して祈っているのかよくわからないが キリスト教の親せきがいつも食事の前に感謝の祈りをしている様子をみて いいなと思っていた それは誰かに […]

  • 03/22/2022

世界を相手にすること

新しい仕事に4月から取り組む予定なのだがまだ3月というのに新しい仕事のための準備が始まっている 今回は相手にする国の範囲が広くさらには政府や各種機関などこれまで以上の密接な情報がないと身動きできないような仕事でもある 改めて 世界を相手にすることは簡単ではないと痛感する 起業している多くの友人たちを […]

  • 03/17/2022

戦争がない社会を

私事だが私の母は戦争遺児である当時としては画期的なほど私の母は高齢で私をこの世に産み出してくれた 私は実の祖父母を知らない そして子どもの頃 戦地から生き延びて返ってきた戸籍上の祖父の話を耳にしたことは本当に恐怖体験であった だから今一度戦争がない社会がいかに尊くて幸せなものなのかを問いたい 戦争は […]

  • 03/15/2022

スペイン語を話すと

私の場合本当にスペイン語を話すとそれだけで元気になる その理由は本当によくわからない けれどとにかくエネルギーが沸いてくるのである 好きか嫌いかでいうと語学の勉強は記憶力との勝負であり私の苦手とするところである それでも新しいことを覚えたり言葉に触れると元気が出てしまうのが不思議で仕方がない 基礎か […]

  • 03/03/2022

知らない世界を知る

仕事で世界各国色んな国の人と関わってきた私だが そこから学んだことは本当に計り知れない そしてまだまだ学びたりないと感じることが無数にある 知らない世界に触れた時 ここから始まる新しい知の冒険に心をときめかせることができる人が世界でも活躍できるのだろう 知らない世界に触れて恐怖を感じることもあるだろ […]

  • 02/20/2022

小さなビストロにて

久しぶりの外食はカウンターしかないシェフ一人で全てを賄う小さなビストロであった 共に食事をするのは世界を相手に働く友人 彼女と出会ったのはバルセロナである 小さなお店のためシェフとは時折会話を交わしながらの時間が続く フランスで短期間だが修行をしてきたというシェフとフランスとスペインの食文化の話で盛 […]

  • 02/15/2022

バレンタインの恩恵

2月14日のバレンタインという日において 日本ではなぜか女性が男性にチョコレートを贈るものだが 海外では家族や友人大切に思っている人にチョコレートやお菓子を配る習慣がある オフィスにいくと机の上がチョコレートでいっぱいになるのだ 我が家も私から夫へチョコレートを贈る日ではなく 夫婦で何かしら贈り合っ […]

  • 02/06/2022

15年ぶりの再会

最初に海外で働いた場所それがバルセロナである その際にインターン扱いでパートタイムという感じで入ってきた新入社員の女性がいた 彼女は本当に優秀で仕事をこなすのも早くアイデアなどを形にすることも得意であった 何より私の話す言葉からもしもし、ってどういう意味?だとか日本語を聞き取りその意味を理解するなど […]

  • 02/05/2022

世界中の料理を出すお店

大衆向けのファミレスと呼ばれるレストランもある意味 和洋折衷世界各国のさまざまな料理が楽しめる場所だが 世界各国の料理が楽しめる高級なレストランがある ビジネス街にあり昼間はランチを供している ランチの時間は世界各国の人たちが集う場所となっていた タイ料理やハンバーガーもちろん宗教に対応した料理もあ […]