CATEGORY

異文化理解

  • 07/25/2021

Gewürztraminerの魅力

最近好きなワインの一つがGewürztraminerカタカナで書くとゲヴュルツトラミネールとなるのだが白ワインの葡萄の品種である アルザス地方に多いと言われていたがイタリアワインやオーストリアワインなどにも使われており香りが華やかで甘さすら感じる香りなのだが辛口ワインとして作られた際の味わいはすっき […]

  • 07/21/2021

行列に並ぶこと

ラーメン屋にできる長い行列に並ぶ人たちを見てすごいなぁと感心した記憶がある そう、私は並んで何かを買ったり食べたりするというのが苦手なのである 昔から行列が嫌いであった 先日友人の自宅でホームパーティに呼ばれた時にとても美味しいパンを供していただいた パン屋に45分並んだと友人が言っており それは確 […]

  • 07/08/2021

果物の食べ方の違い

毎日の生活の中で文化の違いを大きく感じた点の一つに果物の食べ方がある 例えば葡萄だがこれもヨーロッパやメキシコの人は皮ごと、種ごと食べてしまう日本では割と皮を食べなかったり種を捨てる人も多い スイカも同じくで種を食べるか食べないかということは大きな違いがある 一方でアメリカのリンゴは割とピカピカと光 […]

  • 07/03/2021

最初の一歩

今年チャレンジしようとしていることがあり最初の一歩を踏み出した 正直あまり自信がないので公に詳細は書けないのだが まずは英語の試験を受けに行くことにした 今は抽選で英語の試験を受けられるかどうかが決まるということであったため正直抽選でダメになることも考えていた が結果、抽選で受けられることになったと […]

  • 07/01/2021

人の顔と名前を覚える努力

日本人はxxさん、と相手の名前を呼ぶ頻度が少なくなかなか人の顔を名前を覚えないというのが私の印象である それは我が身を振り返ってみて同じことが言えると思っているからである 人の顔と名前を覚える努力は本当に大事だなと思う レストランで相手をしてくれるソムリエやギャルソンこうした人たちは名前と顔をしっか […]

  • 06/28/2021

ピスタチオスイーツ

大人になってバルセロナに住むという幸運に恵まれた私がこんなにも美味しいデザートが世の中にあったのかと思ったのが ピスタチオを使ったスイーツとの出会いであった ピスタチオのアイスクリームがその出会いの最初で濃厚なうま味とナッツの香りそしてその味と甘さが絶妙に混ざり合う感覚に一目ぼれをした 以来 ピスタ […]

  • 06/26/2021

アカデミックでグローバル

とある場で自分の書いた作品を発表する機会があった それは小説ではなくてシナリオという形であったのだが その時の講評にアカデミックでグローバルな作品と評して頂いたことがとても嬉しいと感じた それは私がいつも心がけていることでもある 仕事の上で目標を達成することはとても大事なのだが私が好きなのはアカデミ […]

  • 06/20/2021

高校生たちの起業塾-2

アッという間に授業の時間は過ぎ去り 高校生たちは自分たちのグループのビジネスプランを作り出さなければならなくなる 私がサポートをした6名の高校生たちのチームも無事にビジネスプランを作り終え英語でのプレゼンに臨むことができた そこで今の時代必須だと言われているのが英語力だけではなく言わゆるITリテラシ […]

  • 06/19/2021

高校生たちの起業塾-1

以前から何度かお手伝いをしてきている生きた経済を学ぶ場を小学生から大学生まで提供しているNPO団体があり 今年もまた新しい生徒たちと新たな活動を共にする機会を得た 高校生たちが出された課題を解決できるビジネスアイデアを考えるコンテストに出るのだが その前にビジネスプランを書くための学びをするというの […]

  • 06/15/2021

女性名詞という世界

最近英語とスペイン語でゲームでの言い回しがどうなっているのかを調べる機会があった そこで気が付いたのはゲームの中の細かな設定もそれぞれの言語やお国柄に変換しなければならないという当たり前といえば当たり前の事実であった 子どもの頃よく遊んだゲームそのゲームに出てくるスライムという名前のモンスターがいて […]