CATEGORY

日々是好日

  • 07/21/2019

時間の種類

時間の定義には哲学的な解釈や物理的な解釈など様々なものが存在するが 私にとっての時間とは三種類存在するものである 一つ目は流れている時間そのものであるこれはつかみどころがなくただ過去から今を通り未来に向かって流れていくものである そして私たちはその、今を生きている 物理学的には過去、現在、今という考 […]

  • 07/18/2019

四か月目を迎えて

毎日ブログと向き合うこと四か月 早いようであっという間に過ぎて行った四か月であった 正直なところ書きながら悩み悩みながら書き 草稿を重ねたり直感に身を任せたり 毎日試行錯誤である 途中病気にもなり 諦めてしまおうと思ったことも正直ある しかし 自分との約束は守りたかった ただそれだけでなんとか三か月 […]

  • 07/12/2019

紫外線対策を間違えない

紫外線による日焼けを気にする日本人女性は大変多い 確かにシミやそばかすの原因となる紫外線は避けた方が良い 肌を守るために日焼け止めやUVカットの入った化粧品は季節を問わず数多く店頭に並び 美白という言葉が美しいことの象徴かのように店頭やマスコミを賑わしている しかし 一方で日本人は白内障を患う人が多 […]

  • 07/10/2019

雨季に訪れる試練

雨季に入ると悩まされるのが道路以外にも停電と断水である これは数週間前の話であるが 断水が実に丸三日続いたのである さらに停電が起こり それが回復するまでに半日かかった 幸いなことに私は断水の最終日に泊りがけで出張予定がありなんとかホテルでシャワーを浴びることができたが なんともつらい数日を過ごさざ […]

  • 07/02/2019

停まらないエレベーター

私の住んでいる建物ではエレベーターに住民向けの告知が公示される ある日セキュリティを上げるためエレベーターを指紋認証にすると記されていた 指紋で自分の住む階と共用階に出入りできるよう指紋を登録することになった しかし 登録したはいいがうまく動かない人がたくさんいるようである この事態に思わず笑ってし […]

  • 06/23/2019

雨季と道路の穴

雨が降る季節があるそれを雨季と呼ぶのだが私にとって雨季は鬼門である それは メキシコの雨季名物が道路に突如現れる穴だからである 幹線道路の真ん中や端から端の至る所に穴が突如、現れるのである 道路事情は悪く普段から多少、道路に穴は開いているのだが雨季に入ると修復で直したはずの穴が再度待ち構えていたかの […]

  • 06/13/2019

深層筋と腹部ヘルニア

ある日突然部下の一人が緊急手術をした 当人いわくくしゃみをしたのがきっかけで腹部が痛くなりそのまま救急病院に運ばれたのだ 今回、初めて知ったのだがヘルニア、Herniaの意味は臓器の一部が本来あるべき位置から逸脱した状態のことを指す 彼は腹部ヘルニアで手術、入院した 医師の話によると先天性のものもあ […]

  • 06/05/2019

15歳を祝う

メキシコでは女の子にとって15歳の誕生日は特別である 15歳を祝うミサと盛大なパーティが行われる これには女の子が一人の女性として社交界デビューを果たす意味合いがある キンセアニョスやキンセアニョラと呼ばれるこの習慣はラテンアメリカの国々に残っている アステカの先住民の間には成長の段階ごとに多くの儀 […]

  • 05/31/2019

オーラを消すことの難しさ

先日出張に出かけた際の出来事である 招待客は2日に渡るイベントを楽しむ中仕事の折り合いがつかず私は1日で切り上げて先に帰ることになっていた その日は移動のみの予定となっていたこともあり私はすっかりオフモードであった するとホテルのロビーで話しかけてくる人に不意をつかれた 私たちの招待客の一人であった […]

  • 05/30/2019

長く続く咳との戦い

この数週間長引く咳に苦しんできた 副交感神経が活発になると咳が出始める 会話やプレゼンテーションの場でも容赦なく咳込みが始まってしまう 苦しい一か月あまりであった まだ完全に治ったわけではないがようやく夜、眠れるようになってきた ひどい時は明け方の4時、5時過ぎまで眠れず一時間も眠ると起床時間という […]