CATEGORY

日々是好日

  • 07/04/2020

美しい私として、出社したい

COVIDのために帰国後14日間の自主隔離生活が必要なことは既知のことであった 自分の帰国日から換算すると私の最初の出社は金曜になるのだろうと思っていた もちろん早く仕事を軌道に乗せるためにも私は一日でも早く出社したかった しかしどうしても出社する前に是非とも行きたい場所があった それは美容院である […]

  • 06/28/2020

脚が綺麗で驚いたわ

外出が制限されていることもありもっぱら人と会うのは自宅か、誰かの家に行くことが多くなった 先日 我が家にメキシコに住む友人や知人たちとアフタヌーンティーをしながら集まった際に 知人の一人がスピーカーの上で美しく飾られているかのようなルブタンの12センチのヒールを見つけて声をあげた このハイヒール履い […]

  • 06/24/2020

膝上丈のワンピース探し

日本の帰国に向けて私はワンピースを探し始めている 新しい職場は私服も許される場所である もちろん作業着でしか入れないエリアに行き来もすることになるのだが 基本的には今よりも自由になるのである それを見越してハイヒールに似合う服装を探し始めているのだ しかしながら実に難しいと思うことがある それは丈の […]

  • 06/08/2020

ケークサレと糖質制限と、盲点

幸か不幸か私は生まれてから今日まで痩せ型であったためダイエットとは無縁の人生であった 中学校1年生でバスケットボールに出会う前は本当に痩せこけていて体重は30キロ台であった 小学校時代は塾の先生にスーパーの唐揚げなどという冗談のあだ名をつけられていた(スーパーの唐揚げは鶏の身が少なくスカスカで、細い […]

  • 05/17/2020

前髪を下ろすか、下ろさないか

くだらないようでくだらなくない 女性にとっては重要な問題である それは前髪を下ろすか下ろさないかという二択問題である 思い返すと中学生の頃の私は前髪がなかった厳密にいうと前髪を巻いて上げていた その頃はニキビだとか若者ならではの悩みがありおでこを隠すと髪の毛の刺激でニキビがひどくなるからという理由だ […]

  • 05/16/2020

不妊治療と異文化理解

約一年間のメキシコでの不妊治療との闘いの日々も終わりが見えてきた 一つ目の病院の排卵誘発剤と相性が悪く全くうまく行かなかった 複数クールのトライをしたが血液検査の結果もすぐに出てくることもなく説明をされることもなかった そんなことから私はこの病院に疑問を持つようになってしまっていた 受精と着床の可能 […]

  • 05/09/2020

続、告白

最初に訪れた病院で当時、40歳の私は体外受精一択であると医者から言われた時 本当に私はこの治療に耐えられるのだろうか、と不安の塊であった さらに会社の人に不妊治療をすると堂々と言うのは気が引けた 女性、男性共に不妊治療を受けていることを会社に言わない方が良いという考え方に賛成する人の方が多いのではな […]

  • 05/08/2020

告白

私にはここに書くべきか、書かないでおくべきかずっと悩んでいたことがある でもようやく、心の準備ができた それは私の不妊治療のことである 何度かホルモンのバランスが崩れていることについて書く機会はあったが 本当のことを申し上げると私はこの1年あまり不妊治療と向き合っている 結婚したのも遅く年齢的に自然 […]

  • 05/07/2020

Skype,Zoom,Face time, etc. etc.

COVIDの影響でZoom飲み会が流行っているらしい 私も日本にいる友人とZoomで同じ食事時間を過ごすということをやってみる事になった メキシコの場合日本が朝でこちらが夜かもしくはこちらの朝に日本が夜遅くを迎えるか そのタイミングしか時間が合わない 欧州の友人とは比較的時間が合わせやすく彼らの遅め […]

  • 04/26/2020

幸せな疲れ方とは

1日朝から料理の準備をしたのは久しぶりのことであった ホームパーティーをするのが憚られる今少人数で我が家で夕飯を共にした メキシコ人の友人が家庭の日本食をどうしても食べたいと言うのである 前の日からメニューを考える 友人の好物は海老と苺買い物と家にある材料を見ながら何を食べてもらおうかと悩むおにぎり […]