• 05/16/2019

Skype(TV電話)の恩恵

ハイヒールレッスンをSkypeで受けていることについて疑問を持たれている方も多いのではないだろうか そもそも画面越しに何が分かるのかという疑問である その疑問はある意味正しい 多国籍企業ではテレビ会議が頻繁に行われるが事実テレビ越しで受ける印象と直接会った際の印象が違うことも多々ある さらに会議など […]

  • 05/15/2019

言語による不都合の消失

この10年でインターネットの技術は本当に発達したと痛感している 中でもスマートフォーンの普及は日本語を母国語とする独自文字を持つ私たちにとって  革命に値する出来事であった ITに詳しい方ならお分かりかと思うが2バイト文字と呼ばれ(現在は字体によって異なるが) 携帯電話などでテキストを送付する際はア […]

  • 05/14/2019

風邪は万病のもと

先人から学ぶことは本当にたくさんあるのだと痛感させられる 風邪は万病のもと、とはよく言うがまさにその通りであると思い知ることとなった 風邪を少し引くことは誰にでもあるしかしそれで無理をしてしまうと時には本当に命取りになってしまうのである 今回はメキシコに来て初めて医者にかかることになった 幸いなこと […]

  • 05/13/2019

器の大きさ

人の器をはかるのはそう簡単なことではない そもそも器の大きい人とはどのような人のことを言うのだろうか 頼りがいのある人あらゆることに寛容で心に余裕があり人からのアドバイスや苦言でさえも受け止められる度量がある 人によってイメージする姿は違うが基本的に器は人物の力量や才能を表し大きさは、どれだけ他人を […]

  • 05/12/2019

歴史の記憶を武器にする

教員免許を持っている身として昔から不思議に思っていたことがある それは なぜ日本史と世界史が分かれているのか ということである 世界で働いてみて改めて思ったのだが 日本人は日本史と世界史が合体した年表を頭の中で描くのが苦手な人が多い 理系の道を歩んでいたこともあり高校時代日本史を学んだことがないのだ […]

  • 05/11/2019

二人が決めたこと

恋人に裏切られた友人がいる 第三者の視線から彼女を裏切ったはずの彼をまた信じようとする彼女を馬鹿だと言う人の方が多いかもしれない 浮気ではなく金銭が絡んだトラブルであった 彼女は彼のことを心から愛していたし彼も彼女のことを心から愛していたのではと思う 色々あったが二人はまた出直すことを決めたという […]

  • 05/10/2019

多様性の素地を作り出す

互いの仕事を尊重し共に暮らせない家族がある 私自身も家族と共に暮らせていない かわいそうだとか共に嘆き同情してくれることがほとんどである もちろん家族は共に住んだ方がよい 夫婦の仲を深めるためにもそばにいるに越したことはない 一方で海外転勤や国内の異動など仕事や様々な事情で共に住めない家族がいるのも […]

  • 05/09/2019

ハイヒールを手なずける

美しい靴を愛する人たちの共通の悩みの一つが靴擦れである 既成品はある程度平均のサイズを元に作られているため起きてしまうことは確かにある これまで靴擦れを起こさなかったハイヒールがいくつかある その理由を考えてみたところ私の場合ハイヒールのサイズと革の固さや柔らかさに関係がありそうだ クリスチャンルブ […]

  • 05/08/2019

ワインの力を借りる時

誰かと仕事をするということは予想外の出来事に出会うということでもある 嬉しいトラブルもあればどうもしがたい難しい問題に直面する日もある 昨晩は後者のトラブルにまみれた一日になった トラブルはチャンスであると昔から聞くが確かに一理ある 一方で、当事者としては起きた問題の解決をしなければチャンスどころか […]

  • 05/07/2019

寂しいかどうかは難しい

転勤を繰り返す生活をしているとどうしても仕事、プライベート共に出会いと別れが多くなる 出会いが多い分別れも同じだけ多くなってしまうのは仕方のないことである 心を通わせ仲良くしていた人が様々な都合で自分のそばから去って行くとき 周囲の人々が気にかけてくれることは大変ありがたいのだが あの人がいなくなっ […]