CATEGORY

世界を相手にする

  • 01/25/2022

Sadaharu Aoki

友人からお年賀よとSadaharu Aokiのマカロンを頂いた 実は私はマカロンが苦手である 一言で言うと甘すぎるからというのが理由である パリ時代にSadaharu Aokiのマカロンを友人に無理やり一口食べさせられた記憶がある 見た目に斬新で色鮮やかというよりはゴマのような外側に何か丸い小さなも […]

  • 01/21/2022

世界とのつながり

イギリスに住む友人と久しぶりにZOOMで話す機会があった たった1時間ではあったが時間は瞬く間に過ぎ何を話したのかあまり記憶がないほど一瞬の出来事であった 互いの無事を確かめ合い身体や心に起こった変化や動きについてそして近況について それだけ話すともう、一時間である 友人と話す機会は確かにこれまでも […]

  • 01/18/2022

コロナ禍の海外駐在

仕事でどうしても海外転勤と背中合わせの職種の場合 コロナ禍でも海外転勤は普通にある 出て行くと決めることをためらう人も少なくないが やはりそれは一度飛び出したら帰国するのが難しくなることだろう 有事の際にさっと帰国して何かしらの対応ができた過去と比べると 日本への帰国後隔離期間などがあるため実質帰国 […]

  • 01/17/2022

身近になった世界

COVIDでこれまでのように世界各国に簡単に出かけられなくなった けれど世界で働く機会が少なくなった訳ではない むしろ増えたとも言える それは在宅勤務であったりリモートのチカラを再認識したからである 国と国の間に時差はなくならないがネットワークのチカラで 世界と働くチャンスはむしろ広がったと言える […]

  • 01/13/2022

元部下の昇格

メキシコから嬉しそうな声のVoice Messageが届いた それは新しいポジションに昇格したんだという喜びの声であった 彼は私に一番に知らせたかったと言ってくれた 上司冥利に尽きるというか 苦労が報われたなと思う瞬間でもある そして言葉も文化も超えて 分かり合えることがあるのだなと痛感する 上司だ […]

  • 01/07/2022

世界を相手にできるのか?

最近私は以前に増して自問自答していることがある それは世界を相手にできるか?ということである 自分自身が中途半端だなと思うことが多々あるからである これだけ多国籍の人たちと共に働き世界各国で仕事をしてきたと言えど 本当に地球規模で世界を相手にできるのかなと自分に疑問を持ち始めたのである 私は英語が不 […]

  • 12/30/2021

ZOOMで広がるNetwork

ASAMI PARISのプレタポルテレッスンがそうであるように ZOOMやSkypeと言ったオンラインでの会議や講座を可能とするソフトウェアは 時間と場所の境目を失くしてくれる 日本ででもメキシコででもフランスのレッスンが受けられる 国を超えるのはもちろんだが 京都にいても沖縄にいても東京でのレッス […]

  • 12/29/2021

飛行機から眺める景色

この2週間久しぶりに飛行機に乗り出張に出かける機会があった 普段は通路側を好む私だが今回は訳あって窓側に座ることとなった 上空から見下ろす地上の世界の美しさ海の青さ空の広さ雲の美しさ そんな景色を堪能した 短いフライトであったが気持ちが晴れやかになり 毎週何処かへ出張していたメキシコでの日々や毎月複 […]

  • 12/27/2021

諦めないこと、挑戦し続けること-2

本日は昨日の記事諦めないこと、挑戦し続けること-1の続きである 誰もがMercedesのLewis Hamiltonの勝利を確信し 全部で58周のレースのうち57周目の出来事である ここでレースの空気を覆すことが起きた F1の場合事故などが起きるとセーフティカーと呼ばれる車が入り 順位は保たれるが全 […]

  • 12/26/2021

諦めないこと、挑戦し続けること-1

ヨーロッパ貴族たちの娯楽の一つそれはモータースポーツである F1、フォーミュラワンと呼ばれるその世界は実に華々しい モナコ公国においては国中をあげてのイベントとなる 街の中心をサーキットにしてしまいその日は国民的なイベントの一つとして市民がレースを自宅から見下ろすそんな風景すら目にすることができる […]