• 11/01/2019

昭和の働き方を捨てよう

昨日の記事古き良きにしがみつくとも関連するが今度はその働き方というものに注目したい 昨日同様の統計データだが今年、設立50周年を迎えるであろう会社すなわち1968年末までに設立された会社数は1302社で全体の約60%になる 日本は老舗と呼ばれる創業から100年以上続いている企業や会社が多いと言われて […]

  • 10/31/2019

古き良きにしがみつく

日本において名のある大企業も 一歩国の外へ出てみるとただの外資の中小企業であるということは残念ながら事実である もちろんGoogleやAppleなど世界に名を馳せる会社にはブランド力がある それでも会社の出身国と比べると外の国にある企業規模は断然小さくなるものである 中小企業と大企業個人事業主とベン […]

  • 10/30/2019

ビジネスの世界に甘えは許されない

女性が社会進出するようになりいろいろと世の中も進化している それでもまだまだビジネスの世界では女性であるということが不利にも有利にも働くちょっと奇妙な世界でもある そう男女平等とは確かに理想ではあるが もともと男と女は個体として見ると別の特徴を持った生き物である だから二つが平等になることなど、ない […]

  • 10/29/2019

ハイヒールを女性の武器にする

日本において子どもを抱いてもベビーカーを引いてもハイヒールで歩いている女性を私は一人だけ知っている 彼女は大のハイヒール愛好家でどこへでもハイヒールで出かけるような人である 旅行先の小さな岩場くらいであればハイヒールで乗り越えてしまう そんな彼女だからこそ出産後もハイヒールを履けるのだという人もいる […]

  • 10/28/2019

休暇が取れるなら

忙しい、という言葉は嫌いである しかし、現実忙しいのである つまり時間のコントロールができていないのである 仕事とプライベートやるべき作業とやりたいことそのバランスが取れていない証拠である 私は心を亡くしているのだ そこで休暇に焦点を当ててみる もし休暇が取れるなら 二泊三日で温泉旅行へ行きたい 一 […]

  • 10/27/2019

凱旋門に近寄るな

パリ生活時代私にとって凱旋門は苦い思い出の場所でもある 凱旋門をぐるりと回るいわゆる、周回道路に夜の混雑時に突っ込んだのである フランスの運転ルールでもっとも納得できないものが右側からの優先ルールである 端的に申し上げると合流時に右側から来ている方が優先されるのである 凱旋門のまわりはぐるりと円を描 […]

  • 10/26/2019

試されていると感じる時

時に驚くほどつらい試練がやってくる そしてその試練と向き合う時試されていると感じるのである それは能力であったり感情であったり心であったり肉体的限界であったり 試される方法も色々である ここのところ仕事が立て込んでおりなかなか睡眠時間が取れない これもまた何かに試されていると感じる瞬間でもある 身体 […]

  • 10/25/2019

チームだからこそ、できること

一人でできる目標もあれば大勢の人が協力し合ってこそ達成できる目標もある 特に私のように企業の規模が大きい場所で働いていると大勢の人が力を出し合うからこそやり遂げられる仕事も存在する チームだからこそできること 例えば 病院における手術オーケストラによる演奏学校における体育祭授業も同じである 家族旅行 […]

  • 10/24/2019

適度に働くことを正とする

昔から日本人の労働時間は長いと言われているが 適度に働くということをあまり意識してこなかった結果であろう 一方で 長く働いてとにかく業績を上げる 長く働いてアウトプットの質を上げる そのことにおいて日本人は非常に長けているとも言えるだろう 最近思うのだ 適度に働くというのはどのようなことを言うのだろ […]

  • 10/23/2019

ハイヒールで一万歩

安全性の観点と職場の特異性から なかなかハイヒールで外出をすることが難しい毎日だが 私が唯一気兼ねなくハイヒールを身に着けて歩くことができる場所がある それは ショッピングモールの中である 私の住むところにもショッピングモールがいくつか存在するが 中でも私がよくいく場所がある 一人で行っても軽く食事 […]