La Carrière

人生を、キャリアをより愛すべきものに

La Carrière

人生を、キャリアをより愛すべきものに

La Carrière

人生を、キャリアをより愛すべきものに

  • 03/02/2021

日本で春を迎える

春が一歩ずつ近付いてくるのが分かる 昨年の今頃私は出張で日本に帰国していた そして、日本の病院を数件回りメキシコとの医療レベルの差で圧倒されたというのも事実であった どちらが優秀か、というのではなく得意不得意という点で日本の医療が私の望みと治療方針にあっていると感じ 結果的にこの帰国がきっかけで日本 […]

  • 03/01/2021

脚の広さに気を付けて

駅の階段で前を歩く女性の足元が気になった 太めのヒールではあったがハイヒールを履いていた 彼女が一歩を歩く際つま先が大きく外側を向いており後ろから見ると蟹股という言葉が当てはまった 綺麗なお化粧美しいワンピースお洒落なハイヒールそのすべてが一歩によって台無しになる もったいない その言葉に尽きる 彼 […]

  • 02/28/2021

ルブタンの店舗にて

友人とルブタンの店舗に何気なく足を運んだ 私の足元は黒いルブタンであった 店員に心地よく迎えてもらい靴とハイヒールそしてルブタンというブランドについて熱く語り合う時間となった 友人はルブタンに興味もなかったがこの店員との会話でルブタンのハイヒールに興味を持ったという ハイヒールを履くと脚が長く見える […]

  • 02/27/2021

在宅勤務開始の合図

人に寄っては在宅勤務開始のけじめとして会社に行くわけでもないのにスーツを着たりネクタイをする人がいるという 女性も同じでハイヒールを履く人もいるのだと聞く それは素晴らしい合図だと思う 私も朝ハイヒールで机の前に立つということで自分のスイッチを入れている 高い視線は自分に高い視野を与えてくれているよ […]

  • 02/26/2021

衝撃的な後ろ姿

階段を上っているとき自然に目に入るのが目の前の人の足元である 彼女のハイヒールはすり減っていたそして上がるたびにかぽっと軽く足が靴から抜けるのである 本人は慣れているのかそれが普通なように階段をどんどん上っていくかかとと靴の接点部分は靴擦れの跡があった こういう女性を見るときちんと靴のサイズを選び歩 […]

  • 02/25/2021

美しい、ということ

歩いている姿を見て美しいと思う人は世の中にそんなに多くは存在しない それには多くの理由がある 歩くというのがただの行為もしくは移動の手段となっているからである 歩いている自分こそが自己表現である自己主張であると思っている人はほとんどいない 美しさというのは本来は、人それぞれが持つものであると思う 体 […]

  • 02/24/2021

学校で教わらないけれど、教わりたかったこと

年を重ねるということは時間が過ぎるということでもあるそしてそれは様々な技術進化を生み出している だからこそ2021年の42歳の私だからこそもし2021年で20歳の私がいるなら学んでくれと言いたいことがある 一つは投資であるお金に対するネガティブなイメージを捨てお金が知らない国の誰かの役に立ち自分にも […]

  • 02/23/2021

ハイヒールの高さを感じなくなる日

いつも高いハイヒールを履いていてよく歩けるわねと声を掛けられた時に 慣れですよ、というのは簡単な答えの代表である しかし、慣れというのはそう簡単に生まれるものではないことをハイヒールのトレーニングしていると感じるのである 慣れるまでが大変というのは確かに事実なのだが正しく慣れなければ実は意味がないの […]

  • 02/22/2021

ZOOM越しの食事会

人と人とが会う価値を改めて痛感させられる 一方でVirtualでも人と会話をし顔を見ながら話ができることを嬉しく思う ZOOM越しの食事会を友人と企画した 夕飯はステーキを作ると互いに決めて肉を食べながらのお喋りである デザートは同じものを食べられたらと事前に選んだものを友人に送りつけた Virtu […]

  • 02/21/2021

日常は奇跡の連続

高度生殖医療を受けていて出産までの道のりというのは本当に奇跡の連続なのだというのを思い知らされる 私もまたその奇跡を起こそうとしている人の一人である 結婚式を準備している時にウェディングコーディネーターの方にキャンセル料の説明をされた際どんなケースでキャンセルがあるのかと伺ってみたところ ご不幸など […]