CATEGORY

ハイヒール

  • 02/18/2021

サングラスとハイヒール

冬場であってもいつも持ち歩くものの一つがサングラスである 日本人はサングラスを嫌悪する人が多く街中で掛けている人もあまり、見かけない けれど私にとってサングラスは自分の目を守るための道具の一つでもあり さらにはファッションの一部であるとも思っている もちろんおしゃれなだけで飾りのサングラスを持ってい […]

  • 02/15/2021

集中力が続かない時

在宅勤務で長時間にわたり会議に参加しているとどうしても集中力が途切れることがある その時に私はハイヒールを取り出す ハイヒールに足を入れ立って仕事をするスタイルに変えるのである そうすると姿勢がよくなり気分が変わり集中力が戻ってくる ルブタンを履いていて思うのはこれほどまでに歩くことに集中力が必要な […]

  • 02/13/2021

美しいか、かわいいか

私はかわいいという言葉が苦手であるかわいい、というのは悪意はないことは分かるが言っておけば傷つかない無難な言葉の一つともいえると思ってしまうのである そもそもルブタンのハイヒールを見てその靴かわいい という人などいない 綺麗、だとか美しいという言葉の方がしっくりくることを皆理解している証拠である 私 […]

  • 02/11/2021

久しぶりの出社とハイヒール

実に一か月ぶりにオフィスに出社した 人もまばらなオフィスでハイヒールで歩くと気持ちが良い それは人が少なく視界が開けていることとハイヒールで視線が高くなっているからという二つのことの相乗効果である オフィスで久しぶりの同僚と顔を合わせると少しほっとする やはり私たちは誰かに支えられ誰かを支えながら生 […]

  • 02/07/2021

ハイヒールで臨む

ずっと座りっぱなしは体に良くないということから立ちながら仕事をするということを覚えた 立ちながら働く時ハイヒールを身につけていると気分がスッキリするだけでなく心地よく体が伸びるのを感じることもできる 顔を出す会議にハイヒールで立って臨んだ プレゼンは聴衆を相手にという時代からマイクと画面の向こうにと […]

  • 02/03/2021

ハイヒールで街を歩くと

久しぶりに友人と食事に出かけた際ハイヒールで出かけた やはり気分が違う背の高さが違うからなのかそれとも足元を意識して歩くからなのか とにかく自分に自信が持てるのである それは私が美しい人だとか綺麗な人だからという自惚れでもなければただの高慢な気持ちから来るものでもない ハイヒールを履いて視線を高くす […]

  • 01/31/2021

ルブタンを眺める

自宅でトレーニングを兼ねて身に付けるルブタンは100ミリのものである 身に付けない時は本や写真を飾っている棚の上に 飾りのように置いている 靴を飾るというのはなかなか一般的ではない けれど 私はルブタンを見ながら足を入れようと思ったり今度はどこへ出かけようかと考えを巡らせるのが好きである もしお気に […]

  • 01/29/2021

ヒールで背が高くなる、と

ハイヒールを履いて自宅の中を歩いていると視線がいつもより10センチほど高くなる 背が高くなった証拠である 背が高くなると視線があがり今まで見えていなかったものが見えるようになる 姿勢を正そうという気が強く自分の中から起きてくる ハイヒールのおかげで視線が上がり姿勢がよくなる 腹筋を引き上げながらずっ […]

  • 01/28/2021

顔の見えない会議

最近テレビ会議で会議を頻繁に行うようになったが参加者が多いと通信状況から顔を映さずに参加することも多くなってきた この時自分を語るのは声である 手振りも身振りも雰囲気もすべて映ることがないのだから 声にすべてを乗せなければならない 私は子どもの頃ラジオが好きであった それは音だけで聞えてくる声から人 […]

  • 01/27/2021

自由な働き方

長年会社務めをしていながら一番嫌いなこと それは時間の自由が付きにくく自由な働き方でできないことであった 一度オフィスへ行ってしまうとオフィスから抜けるのも特別な理由がない限り休み時間を除くと難しい部署や会社も多い しかし今回COVIDのおかげで私は自由な働き方をも手に入れたと感じている 在宅勤務を […]