CATEGORY

キャリア / 人生

  • 12/31/2020

新たな気持ちで

2020年は私にとっては激動の一年であった 大好きなメキシコを離れストレス社会、日本へ敢えて帰ることを選んだ それも母になるという目標のためである 日本に帰ってきて夏の間は三歩進んで二歩戻るような出来事ばかりではあったが 季節が変わり自分の身体にも変化があり 前へ向かって進んでいる そしてそれが一番 […]

  • 12/30/2020

段取り力

日系企業に勤めると年に一度から数回に分けてボーナスが支払われる 昔と違い個人の業績に応じて支払われる額が上下するようになったことを受け上司から貴女の改善点はここですよとかこうして欲しいとかフィードバックをもらう日でもある 部下の方からもこういう風にして欲しいとかどういう部署に行きたいとか希望を言える […]

  • 12/27/2020

眠りに投資をする

養生が大事とドクターに口うるさく言われてから私は睡眠時間を十分にとれるように毎日の生活を変え始めた 眠り それは本当に未知の世界であるといつも、思う 自分であるのに自分でない時間意識があるのに記憶もしくは無意識に近い不思議な時間でもある 最近寝具を変えた どちらかというと眠るためのベッドではなくて着 […]

  • 12/22/2020

憧れの先にあるもの

最近アジアの国々と仕事でかかわる機会が増えたのだが つくづく思うことがある それはアジアの国々も日本のことなど目にもくれていないという事実である 彼らが憧れるのはやはり広い意味で欧州ヨーロッパなのである それは文化的なもの歴史的なもの物的なものやサービスを含めたブランド こうしたすべての物に憧れを抱 […]

  • 12/20/2020

新しい働き方はどこへ行ったのか

朝、通院のために早い時間の電車に乗ると見覚えのある風景が広がっていた つまり満員電車というわけである 新しい働き方を取り入れたはずの日本 私が3月に出張で帰国した際には本当に人もまばらでデパートやお店も夜早めの時間には閉まっていた あの頃の日本はどこへ行ったのだろうか 日本人は本当に変わることが嫌い […]

  • 12/19/2020

オーラをまとう意味

ニュースで人種差別のことを耳にする度に私たちはアジア人であることを思い知らされる 海外に暮らしているとアジア人であるために差別を受けたことがゼロだという人は少ないと思う たとえ国籍がアメリカ人であってもブラジル人であっても日系という言葉が存在するのがその証拠でもある この人は違うこの、アジア人がなど […]

  • 12/16/2020

女性は家の名義人にならないのか

日本に家を持ったことがない私と夫だが自分たちが住むだけでなく誰に貸すことも視野に入れながら家を買うことを考えたいと思い始めた そんなことがきっかけで家探しへ出かけようと話し始めた 近所に新しいマンションが建つというので手始めの見学に、ということで私の名前で申し込みをした 先方から誰と見に来るのかと聞 […]

  • 12/13/2020

テレビのない我が家

そういう家も増えていると聞くのだが実は我が家にはテレビが、ない テレビがなかったのはここ数年の話ではなく フランスとオーストリアに住んだあと帰ってきたときからテレビがないのだ 昔から日本のテレビがつまらないといつも思っていた 飲食の番組にしても旅行の番組にしても芸能人と呼ばれる私から見ると赤の他人の […]

  • 12/11/2020

面白くてユニークな人

これまで関わったことがない領域でも少し仕事が増えてきた そういう場所で初めて出会う人たちにいつも決まって言われることがある それはMarikoさんは本当に面白くて、ユニークな人ということである 当の本人はいたって真面目にいかに今の仕事のダメなところを変えていくか仕事を楽しくするかなんてことを言ってい […]

  • 12/08/2020

フランスに住みたかった理由

社会科の先生になろうとしたきっかけはフランスとの出会いであったと言っても過言ではない 中学校三年生の時高校受験がないということで半年かけて人権を獲得してきた歴史を学ぶ授業があった いわゆる公民科と言われる授業である その授業で学んだ数々の歴史の出来事 そして人権のうち自由権というものを得たことについ […]